​エルネスト・ボルゴノボ

アルゼンチン・ブエノスアイレス出身。1997年より多くのタンゴの巨匠達(Gabriel Angio y Natalia Games, Mingo y Esther Pugliese, Raúl Bravo, Néstor Ray, José Vázquez Lampazo, El Gallego Manolo, Vanina Bilous, Fernando Galera, Vilma Vega, Natalia Hills, Gabriel Misse, Petaca, Jorge Dispari y María del Carmen,Damian Esell y Nancy Louzan…etc )に学び、アルゼンチン各地にて活躍後、2001年に来日。2002年にはカンヌ映画祭をはじめ各地の映画祭に出展されたドキュメンタリータンゴ映画「NOSOTROS」に主演。

2002年より関西を拠点に活動を開始する。アジア、イタリア等における活躍ぶりは好評を得ており、数々のタンゴコンサートやショー、テレビなどに出演しする傍らタンゴレッスンを精力的に行い日本でのタンゴ普及に努めている。

アルゼンチンに対する慈善イベントでは利益の一部をアルゼンチンの病院や学校へ寄付するなど慈善活動にも力を入れている。

また毎年タンゴの巨匠達を神戸に招き日本で本物のタンゴに触れる機会を精力的に提供している。アカデミアに隣接するタンゴカフェ「キタノサーカス」 にてレッスンやミロンガ(タンゴのダンスサロン)を開催、本場ブエノスアイレスを彷彿させるダンスサロンとして世界各地から熱狂的なタンゴファンが訪れている。2016年アジアタンゴ世界大会審査員、関西タンゴフェスティバル主催メンバー、タンゴ連盟(FJTA)理事。

© 2017 Academia de Tango El Porteño

Ernesto & Laura